月別アーカイブ: 2013年9月

★ミラクルはその後どうなった?

——————————————————————–
セレラボ通信  2013.9.28
——————————————————————–

《読者》さん

いつもありがとうございます。
とよかわまきこです^^

9月も終わりですね。

急に涼しくなって家族で風邪をひいています^^;

《読者》さんはいかがお過ごしですか?

さて、前号でお伝えした

「人生にミラクルを起こす方法」

試してみた方いらっしゃいますか?

いかがでしたか?

うれしいことが起こった

しんどいことが起こった

どんなことが起こっていても

あなたの本当の気持ちを認めて表現した結果なら

それはあなたが本当に望む場所につづく道だろうと思います。

私はうれしいことが起こって

さらにうれしいことが起こって

そして、いま、しんどいことになってます^^;

ひとりで抱えているのもしんどいので

ここでシェアさせてもらえたら嬉しいです。

よかったらおつきあいくださいね。

★  ★  ★

ミラクルが起きたあと

本当に望む場所にたどりつくために

手放す必要があるものがみえてきました。

「我慢・犠牲・義務」

私は結婚して子供を授かってとても幸せですが

家庭の中にいると時々しんどさを感じていました。

たぶん、家庭の中では

小さい頃の家族のパターンを無意識にくりかえしていたからです。

親に愛してもらうために身につけた
我慢や犠牲や義務をモチベーションとした行動パターンを

夫や子供に愛してもらうために
くりかえしてしまっていたようです。

愛してもらうためにやり続けているということは
「今は愛されていない、だから努力しないといけない」と思い続けているということです。

うれしくない思い込みですね^^;
終わりがない努力地獄、しんどいはずです。

ミラクルが起こったあと
主に子供に接しているときにしんどさを感じています。

苦しかった幼少時代の自分を
子供たちに重ねてしまう。

子供が泣いている
子供が寂しそうにしている

今までなら気にならなかった光景も胸がつぶれる思いがして
どうふるまったらいいのかわからなくなります。

親としての心の軸がなくなってしまったかんじ。

こどもの頃のわたし(まっこと呼ばれていました)が
出てきているんでしょうね。

この状態をときどき俯瞰(ふかん)して
「観察者」の視点をもちながら

しっかり今を生きられるよう、しばらく取り組んでみます。

まっこの気持ちをしっかり受け止めてあげたい。

これが終わったら

家事も育児ももっとラクチンになって身体も楽になって
楽しめるようになる気がします。

いつも愛されていると感じながら
家族の中で家庭で自由に動けるようになる気がします。

こどものころ感じていた
「さびしさ」や「あきらめ」を味わいつくしたら

今愛されているという現実をしっかり生きられるような気がします。

過去の感情をしっかり味わう手法を習っといてよかったわ^^

感情解放、大活躍です!

私の望む世界はすでに始まっています。

わたしは人生を信頼しています。

プロセスはミラクル☆

夫が参加しているWS、あと10月と11月もあるので
私のミラクルもそのあたりまで続くかも(笑)

しんどい渦中で書いたので
いつものメルマガと雰囲気がちがったかもしれませんね。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

《読者》さんの喜び溢れる毎日をお祈りしています。

いつもありがとうございます◎
とよかわまきこ

★もうじき早期割引が終わります★

感情をしっかり味わいつくす「感情解放」の手法が学べる
とよかわまきこと黒田幸子のマジカルワンド@横浜

http://magicalwand.jp/20131102/

気になっている方はお早目にどうぞ♪